ひがしやまの
   動物たち
  • 本園
  • 北園
  • こども動物園
  • 動物のいちらん
  • バーチャルひがしやま動物園&植物園

             
    TOP > 動物園> ひがしやまの動物たち> 北園> シンリンオオカミ

    動物 シンリンオオカミ

    見たい写真をクリックしてください。 拡大写真が見られます。

     

    こちらシンリンオオカミ舎の見どころ紹介映像はこちら

    シンリンオオカミについて
    学  名 Canis lupus lycaon
    分  類 食肉目イヌ科
    生息地域 カナダ、アラスカ、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア
    飼育されている
    動物の名前
    ジャック、マイケル、ティト、ゲンキ、ヒカル(オス)
    アオイ*、ソニア、ジャネット、ノゾミ(メス)
    *バックヤード飼育のため展示されていません
    一般的な特徴 オオカミはイヌ科の中で最も大きい。家族を中心とした7頭~13頭の群れをつくり、シカやウサギなどのほ乳類を捕まえて食べる。有名なオオカミの「遠吠え」は近くの群れとのコミュニケーションのためのものと考えられており、10キロメートル先まで届くこともある。
    オオカミは家畜をおそうので、人間に憎まれ駆除されたため、少なくなったり絶滅した地域も多い。人間を襲う話の多くは誇張されていて、殆どが空想の産物である。
    園内の場所 動物園・北園・アメリカ大陸コーナー