Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 文化情報学部

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部紹介
  • 文化情報学科
  • メディア情報学科
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 入試情報
HOME > 学部紹介 > 学部長挨拶

学部長挨拶

情報とメディアを活用できる「実践力」のある人材を育成

文化情報学部では、日々変化する社会、そして文化に対応できるよう、情報とメディアを積極的に活用できる「実践力」を育成します。

 

文化情報学部では、平成23年度より「文化情報学科」の内容を発展させ、新たに観光領域を加えた4つの学びの領域を設定しました。そして、「メディア情報学科」を新設し、メディアを軸とした3つの学びの領域とメディア活用能力のための2つのスキル科目群を設けました。

 

「文化情報学科」では、情報を手掛かりに社会や文化との関係について豊かな発想ができ、多様な文化が共生するグローバル社会で、情報を使いこなす「実践力」を育成します。

 

「メディア情報学科」では、メディアが与える社会への影響、メディア環境が人間の意識や行動に与える影響について学ぶとともに、メディアを通して情報発信を行い、情報を科学的視点から的確に分析できる「実践力」を育成します。

 

文化情報学部の扉を開かれ、文化情報学部で学び、そして身につけられた「実践力」をもとに、自分にふさわしいキャリアを考えながら、さまざまな分野で活躍されることを期待しています。

 

文化情報学部 学部長 二宮 俊博

写真:文化情報学部 学部長 二宮 俊博

ページTOPへ