Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 文化情報学部

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部紹介
  • 文化情報学科
  • メディア情報学科
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 入試情報
HOME > キャンパスライフ > スタジオ利用について

スタジオ利用について

文化情報学部  2011年4月改訂

開室日時

月曜~金曜、午前9時10分~午後5時 (授業期間以外は必要に応じて調整)

利用対象

1.授業・演習・卒業研究
2.教職員の研究等
3.学内行事
4.大学公認のクラブ・同好会など

利用申請

利用予定の重複がないことを管理者に確認後、「スタジオ使用願」を管理者に提出して下さい。
他学部や事務部門の利用者は文化情報学部事務分室に提出して下さい。
(レギュラーの授業・演習・卒業研究は使用願提出の必要はありません)

スタジオ使用願 (Word版)

スタジオ使用願 (PDF版)

利用方法

利用者は管理者から「事前説明」を受けて、スタジオ機器の操作方法を把握して、下記要領で使用して下さい。

1.授業等では担当教員が責任を持ってスタジオの使用方法を学生に指導して下さい。使用中は原則として担当教員が立ち会うこと。
2.研究等(テレビ放送の録画、DVD等コピーも含む)では、使用する教職員が自己責任でスタジオ機器の運用や操作をして下さい。

スタジオ管理者

文化情報学部 教員 栃窪優二(スタジオ管理運営委員会)

利用上の留意点

●学外者にスタジオの運用やサポートを依頼する場合は事前に管理者の許可を得ること
●原則として映像・音声等の信号系統(パッチ等も含む)を変更しないで使用すること
●信号系統変更等が必要な場合は事前に管理者の許可を得た上で、管理者立会いの下で使用すること
●その場合は使用終了後に変更箇所を元の状態に戻して、管理者にその確認を受けること

ページTOPへ